マカオ通信
マカオ通信 2018年12月号

「マカオ・ライトフェスティバル」開幕

テーマは「タイムトラベル・イン・マカオ」

「マカオ・ライトフェスティバル」開幕
フードトラック
 マカオ各地がライトアップされる「マカオ・ライト・フェスティバル2018」が12月2日にスタートした。4年目となる今回は「タイムトラベル・イン・マカオ」をキャッチフレーズに、聖ポール天主堂跡で展開されるプロジェクションマッピングをはじめ、大晦日にかけてマカオの夜が光で彩られる。

今年は推奨ルートとして3つのエリアを設定。「プレイタイム」は古き良きマカオをテーマに、聖ドミニコ教会や聖ポール天主堂跡、ラザロ地区などの名所を巡る。また、デートスポットとして人気の南灣湖周辺は「ユース・タイム」、タイパ地区は「テイスト・タイム」として脈々と受け継がれてきたマカオの食文化を紹介する。

今年は「マカオ美食年」にちなみ、ガストロノミーをテーマにしたインスタレーションも設置され、ライトアップされたフードトラックや、ガストロノミー・フード・マーケットが登場する。タイパ・ハウス会場に設置されるインスタレーションでは、来場者はプロジェクションとセンサーを通してマカオ料理の歴史を学ぶことができる。フードトラックは、康公廟(十月初五日街)、南灣湖活動センター、タイパ・ハウスの3箇所に登場し、イベント情報やお菓子、お土産などが提供される。

また、マカオ・ライトフェスティバルでは初めて、バーチャルリアリティ体験も提供される。VRゴーグルを利用してマカオ上空のパノラマの景色が楽しめる。また、イベントに合わせてスマートフォンアプリも提供され、アプリでナビゲーション機能や美食クーポンなどが提供される。



 
前の記事へ次の記事へ
 
マカオ通信 2018年12月号 》ページ#6 》記事#2
2018年12月号 PDFダウンロード2018年12月号 記事一覧へ戻る
マカオ通信 2018年12月号index
ホテル開業が相次ぐマカオマカオ国際映画祭、タレント・アンバサダーにアーロン・クォックさんザ ヴェネチアン マカオ、三冠達成マカオ航空、12月に広島からチャーター便マカオ旅行証所持者に対するビザ発給要件緩和マカオ日本人渡航者数、10月は1.6%増
大橋と鉄道でつながるグレーター・ベイ・エリアで今後はマカオ拠点のツアーフルマラソンを中心にランナーをもっとマカオへ送りたい
[特集] 開通した「港珠澳大橋」でマカオへ行ってみよう!
「港珠澳大橋」開通でマカオプロモーション「マカオ・ライトフェスティバル」開幕グレーターベイエリアのウェブサイト開設本で旅するマカオメディアチェック 録れたてマカオ[イベント&祝祭日] 2018年12月~2019年2月
日本からマカオへの渡航者数
2018年 2019年 対前年比
伸び率(%)
宿泊旅行
者率(%)
1月27,55430,57811.057.0
2月19,92121,7719.353.1
3月34,19436,6367.153.3
4月21,77227,17924.867.0
5月29,86433,75313.059.1
6月24,88625,1511.163.3
7月20,43821,2544.063.4
8月20,26925,171-14.062.8
9月24,89220,983-15.770.5
10月25,58316,667-34.970.3
11月34,546   
12月32,879   
合計316,798259,1430.3 
12~2月の天気概況
12月の最高気温は平均20℃ほどと過ごしやすく、街歩きには最適。ただし、朝夕は半袖では肌寒い日もあるため、一枚羽織るものを用意したい。日本では冬本番を迎える1~2月でも、マカオでは10℃を下回る日は数えるほど。それでも大陸からの寒波で朝晩冷え込むこともあるため、手袋、マフラー、薄手のコート、使い捨てカイロがあると安心。
夕焼けウォッチングの日没時刻もお忘れなく
マカオ通信 アーカイブ マカオ通信 アーカイブ2019年12月号2019年10月号2019年06月号2019年03月号