マカオ通信
マカオ通信 2018年12月号

マカオ日本人渡航者数、10月は1.6%増

9月は関空閉鎖影響、港珠澳大橋開通に期待感

 2018年10月の日本人マカオ渡航者数は、前年同月比1.6%増の2万5583人と復調した。9月は台風21号が西日本を直撃し関西国際空港が一時閉鎖された影響でマイナス幅が大きかったが、10月にはプラスに転じた。10月は、宿泊旅行者率も60.4%と4ヶ月ぶりに60%台に乗った。今年は中国本土からマカオへの旅行需要が好調に伸びており、1〜10月は13.1%増と高い伸びを示していることも需給に影響している。

一方で好材料としては、10月24日にマカオと香港、珠海を結ぶ「港珠澳大橋」が開通したことが挙げられる。「港珠澳大橋」への日本での注目度は高く、大橋開通を待っていた団体需要が少なからずあること、大橋開通を記念した新ツアーの発売も始まっていることなどから、今後の需要増加が見込まれている。

1〜10月累計の日本人マカオ渡航者数は、前年同期比2.9%減の25万8373人。入国(入境)経路別の内訳は、香港などからの海路(フェリー利用)は19万6978人(シェア約76%)、マカオ国際空港など空路は3万6389人(約14%)、珠海からの陸路は2万5006人(約10%)。
 
前の記事へ次の記事へ
 
マカオ通信 2018年12月号 》ページ#1 》記事#6
2018年12月号 PDFダウンロード2018年12月号 記事一覧へ戻る
マカオ通信 2018年12月号index
ホテル開業が相次ぐマカオマカオ国際映画祭、タレント・アンバサダーにアーロン・クォックさんザ ヴェネチアン マカオ、三冠達成マカオ航空、12月に広島からチャーター便マカオ旅行証所持者に対するビザ発給要件緩和マカオ日本人渡航者数、10月は1.6%増
大橋と鉄道でつながるグレーター・ベイ・エリアで今後はマカオ拠点のツアーフルマラソンを中心にランナーをもっとマカオへ送りたい
[特集] 開通した「港珠澳大橋」でマカオへ行ってみよう!
「港珠澳大橋」開通でマカオプロモーション「マカオ・ライトフェスティバル」開幕グレーターベイエリアのウェブサイト開設本で旅するマカオメディアチェック 録れたてマカオ[イベント&祝祭日] 2018年12月~2019年2月
日本からマカオへの渡航者数
2018年 2019年 対前年比
伸び率(%)
宿泊旅行
者率(%)
1月27,55430,57811.057.0
2月19,92121,7719.353.1
3月34,19436,6367.153.3
4月21,77227,17924.867.0
5月29,86433,75313.059.1
6月24,88625,1511.163.3
7月20,43821,2544.063.4
8月20,26925,171-14.062.8
9月24,89220,983-15.770.5
10月25,58316,667-34.970.3
11月34,546   
12月32,879   
合計316,798259,1430.3 
12~2月の天気概況
12月の最高気温は平均20℃ほどと過ごしやすく、街歩きには最適。ただし、朝夕は半袖では肌寒い日もあるため、一枚羽織るものを用意したい。日本では冬本番を迎える1~2月でも、マカオでは10℃を下回る日は数えるほど。それでも大陸からの寒波で朝晩冷え込むこともあるため、手袋、マフラー、薄手のコート、使い捨てカイロがあると安心。
夕焼けウォッチングの日没時刻もお忘れなく
マカオ通信 アーカイブ マカオ通信 アーカイブ2019年12月号2019年10月号2019年06月号2019年03月号