ニュースリリース
<旅行業界・メディアの方向け>
マカオ観光局発信の最新情報をご覧いただけます。
リリースはPDFファイルのダウンロードが可能です。
2021年04月19日付け ニュースリリースをダウンロード 2021年04月19日付け ニュースリリース
マカオ政府観光局、JTBマカオ、ザ・ロンドナー・マカオ、マカオツアーズ オンラインセミナー開催

マカオ政府観光局は、JTBマカオ、マカオツアーズと今年2月に一部開業を迎えた「ザ・ロンドナー・マカオ」(運営:サンズ・チャイナ)と共催でオンライン・セミナーを開催します。セミナー前半ではマカオ現地のコロナウイルスの現状と防疫対策、および現地最新情報をスライドでご紹介。後半は開業したばかりの「ザ・ロンドナー・マカオ」と生中継で結び、臨場感溢れるレポートで館内施設をご案内します。

詳細は下記の通りです。
開催日時:2021428日(水)日本時間15:0016:00 (60)
お申込みkuriki@jtb.com.mo (お申し込みはJTBマカオ経由(担当:JTBマカオ 栗城)

1)氏名、会社名/所属、メールアドレスをお知らせください

2JTBマカオよりご参加者に招待メールをお送りいたします。

システムMicrosoft Teams (事前ダウンロード不要、ブラウザからご参加いただけます)

言語:日本語


▼ザ・ロンドナー・マカオ

ヴェネチアン、パリジャンに続き、英国ロンドンをテーマにした統合型リゾート。従来のサンズ・コタイセントラルが「ザ・ロンドナー・マカオ」としてリブランディングされ、ホリデイ・イン・コタイセントラルが全室スイートルームの「ザ・ロンドナー・ホテル」になりました。リゾート内各施設は20212月にオープンした第1フェーズ開業から順次オープン予定。ロンドンのランドマーク、ウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂)をモチーフにしたファサードと時計台ビッグ・ベンも出現します。また、グローバル・アンバサダーを務めるデビッド・ベッカム氏と一緒にブラック・キャブでバーチャルツアーを体験できるアトラクションも楽しめます。

ザ・ロンドナー・マカオ:https://www.londonermacao.com/
2021年04月16日付け ニュースリリースをダウンロード 2021年04月16日付け ニュースリリース
ツアーグランプリ2021 海外オンラインツアーに参加

width=550
今年で28回目となる「ツアーグランプリ」(主催:一般社団法人 日本旅行業協会)において、2021年度新たに、海外オンラインツアーのSNS投票キャンペーンを実施します。旅行会社、航空会社、観光局・大使館が選りすぐりの人気ツアーをエントリー、特設ウェブサイトにて一般消費者による人気投票を行います。全11部門に計42団体が参加、合計171本の動画が投稿されています。

マカオ政府観光局は「世界遺産」「カフェ」「絶景」の3部門に510分の動画を投稿。世界遺産部門では世界遺産の街の表と裏側を旅人目線で街歩き、カフェ部門ではSNSを中心に現地で話題のスイーツに迫ります。そして絶景部門では最先端の統合型リゾートがひしめき合うコタイ地区を2019年に開通したマカオLRT(ライト・ラピッド・トランジット)でリゾートホテル巡りの旅へご案内します。

【あなたの行きたい国はどこ?海外オンラインツアー投票キャンペーン】
主催:一般社団法人日本旅行業協会アウトバウンド促進協議会(JOTC
応募期間:2021531()23:59まで
WEBサイト:https://mottokaigai.jp/event/onlinetour/

2021年04月09日付け ニュースリリースをダウンロード 2021年04月09日付け ニュースリリース
マカオ・グランプリ博物館 リニューアルを経て再開へ
4年間の拡張工事を終え、4月2日からマカオ・グランプリ博物館の一般公開が始まりました。

装いを新たにして開館したマカオ・グランプリ博物館は地下含む4階建て。総床面積は改装前の6倍広い約16,000㎡に。エンターテイメントやレジャー体験を通じて、来館者がマカオグランプリの理解を深められるように設計されています。

アイルトン・セナやミハエル・シューマッハなど日本でも有名な選手のレースカーが展示されているほか、エントランスの「ピット・パス」でEメールアドレスを登録すると、館内のレース体験ゲームに参加でき、ゲームの結果が記録されます。各階の展示テーマは下記の通りです。

3階マカオ・モーターサイクル・グランプリモーターサイクルの分解、モーターサイクルVRレース体験
2階マカオ・グランプリグランプリの初期、マカオ・グランプリF3レース
1階エントランスギア・サーキット、ピットパス登録カウンター、ギフトショップ
地下1階ギア・レースとマカオGTカップレース体験、上映室


▼マカオ・グランプリとマカオ・グランプリ博物館の歴史
マカオ・グランプリが初めて開催されたのは1954年。その頃は、マカオ市民の自動車愛好家たちの間で始まったアマチュア・レースでした。次第にプロのレーサーたちも集まるようになり、1967年にはマカオ・グランプリの特徴のひとつでもある「マカオ・モーターサイクル・グランプリ」がプログラムに加わりました。
1972年には「ギア・レース」が登場し、世界中のレースファンたちの間で不動の人気を獲得。1983年、マカオ・グランプリはF3に格上げされ、若いレーサーたちの F1への登竜門となりました。その10年後の1993年、マカオ・グランプリ40周年を記念して初代マカオ・グランプリ博物館が開館。2021年4月リニューアルオープンしました。

▼マカオ・グランプリ博物館
入館料: 大人MOP40(約600円)、子ども(4〜12歳)学生(学生書提示)65歳以上MOP20(約300円)
開館時間:10:00〜13:00、15:00〜18:00(最終入館時間12:00/17:00)
ウェブサイト: https://mgpm.macaotourism.gov.mo/en/
ログイン

無料 ユーザー登録をおすすめします
ユーザー登録は旅行会社・メディア関係の方のみ登録できます。一般の方はユーザー登録できませんのでご了承ください。登録後、フォトライブラリーがご利用いただけます。
ログインパスワードをお忘れの場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。ご登録のメールアドレス宛にパスワードを再発行いたします。