ニュースリリース
<旅行業界・メディアの方向け>
マカオ観光局発信の最新情報をご覧いただけます。
リリースはPDFファイルのダウンロードが可能です。
2021年09月06日付け ニュースリリースをダウンロード 2021年09月06日付け ニュースリリース
マカオ 現地最新情報

マカオ政府観光局(本局)と新聞局は共同で、現地の防疫対策動画を発表しました。動画内では、マカオで最初の新型コロナウイルス感染者が確認されてから500日以上経った「今のマカオ」を紹介。防疫対策を講じ市民の安全を維持しながら、渡航規制を段階的に緩和しビジネス・スポーツイベントがほぼ通常どおりに実施している様子を映し出しています。動画はこちらをご覧ください。また昨年制作した動画ではホテルや公共施設などで実施されている対策の事例を紹介しています。こちらもあわせてご覧ください。(いずれも字幕をオンにすると日本語字幕が表示されます。)
width=500
マカオ現地で最初に新型コロナウイルス感染者が確認されたのは春節(旧正月)を目前に控えた20201月でした。いち早く安全対策と市民への安定したマスク供給策を確立し、同年3月末から20218月初旬までは域内感染者ゼロを維持してきました。先月、およそ500日ぶりに域内感染者かつ初のデルタ株が確認されると、マカオ政府は全市民に対し一斉のPCR検査を実施。その結果、全員の陰性が確認され、その後も域内での新規感染者は報告されていません。これを機に現地では一層緊張感が高まり、官民一体となって引き続き安全対策を厳守しています。

マカオ現地 各種最新情報は下記の通りです

<新型コロナウイルス感染者情報>
累計感染者数 63
現在入院中 2
退院者 61
死者 0
ワクチン完全摂取率 41.0
202195日現在 マカオ特別行政区政府新型コロナウイルス応変調整センター

<現地入境規制>
現在海外からの、または中国本土・香港・台湾在住の外国籍の方はマカオ入境規制の対象となっています
最新の入境規制情報はこちらをご覧ください。


<現地プロダクトアップデート情報>
現地では、引き続き防疫対策をとりながら市民の日常生活が守られ、 インフラ整備、イベント開催、新規プロダクト開発などがなされています。今年1月から8月までの最新情報をまとめました。詳しくはこちらをご覧ください。

2021年08月05日付け ニュースリリースをダウンロード 2021年08月05日付け ニュースリリース
グランド・リスボア・パレス 第一期開業
width=600
7
30日、新しい統合型リゾート「グランド・リスボア・パレス」がコタイ地区にオープンしました。第一期ではフラッグシップの「グランド・リスボア・パレス・ホテル」(5つ星デラックス、1,350室)、ウェルネス施設、イベント会場、レストランが開業を迎えました。

グランド・リスボア・パレス・ホテルのコンセプトは東西文化の融合です。ヨーロッパのネオクラシックやベルエポック様式と中国文化のモチーフに加え、新旧マカオを表現したアートピースなどを展示。マカオの長年にわたる中国と西洋との交流は客室デザインにも反映されています。全客室からはコタイ地区とグランド・リスボア・パレスのホテルゲストだけに開放された中庭「Jardim Secreto(秘密の花園)」の眺望を楽しめる設計になっています。Jardim Secretoは屋外イベントの会場としても利用可能。今期開業したレストランにはブッフェレストラン、ポルトガル料理、アラン・チャン氏設計のティーハウスなどがラインナップしています。

統合型リゾート「グランド・リスボア・パレス」には今後、世界的デザイナーのカール・ラガーフェルド氏が設計した「カール・ラガーフェルド・ホテル」と、ゴールドコースト、ドバイに次いでアジア初進出となるパラッツォ・ヴェルサーチ・マカオが順次開業予定です。

▼グランド・リスボア・パレス
https://www.grandlisboapalace.com
2021年06月03日付け ニュースリリースをダウンロード 2021年06月03日付け ニュースリリース
マカオ政府観光局、JTBマカオ、マカオツアーズ共催【在香港日本国総領事館後援】オンラインSDGsセミナー開催

マカオ政府観光局は、JTBマカオ、マカオツアーズは、在香港日本国総領事館後援のもとオンラインSDGsセミナー『SUSTAINABILITY FOUND IN MACAO -マカオで見つけるSDGs-』を開催します。 セミナー前半では「マカオで見つけるSDGs」として、世界遺産、食文化、スマートシティ化など、マカオで見つけることができるサステナブルな取り組み事例を概略的にご紹介します。後半は日本でも注目されている統合型リゾート(IR)に注目し、SDGsとIRの親和性についてご案内します。

詳細は下記の通りです。
開催日時:2021年6月17日(木)日本時間15:00〜16:00 (60分)
お申込み:6月15日(火)までに下記URLまたはPDFのQRコードからお申込みください。
https://forms.office.com/r/VdHbSQPkW4
参加登録者には、開催前日までに参加URLをお送りいたします。
システム:Microsoft Teams (事前ダウンロード不要、ブラウザからご参加いただけます)
言語:日本語

▼SDGs (Sustainable Development Goals)
持続可能な開発目標(SDGs)への関心が高まる中、マカオでもあらゆる分野においてSDGsへの取り組みが展開されています。マカオ政府はユネスコの食文化創造都市に認定された6月18日を「Sustainable Gastronomy Day」に制定し、啓蒙活動を行っています。また、昨年のマカオ国際観光エキスポ(MITE)では、米国のナショナルジオグラフィック誌と共同フォーラムを開催し、さまざまな観点から食の持続可能性について議論が行われました。

ログイン

無料 ユーザー登録をおすすめします
ユーザー登録は旅行会社・メディア関係の方のみ登録できます。一般の方はユーザー登録できませんのでご了承ください。登録後、フォトライブラリーがご利用いただけます。
ログインパスワードをお忘れの場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。ご登録のメールアドレス宛にパスワードを再発行いたします。